ろくでなし通信

アクセスカウンタ

zoom RSS レディ・バード

<<   作成日時 : 2018/06/05 14:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2002年は米国が戦争をしていた年。その時、カリフォルニア州サクラメントで高校生活を送るクリスティン(シアーシャ・ローナン)。両親は子供に恵まれず、アジア系の養子をとっていたが、思わず神が授けてくれたのが、クリスティン。看護士の母親と会社員の父親、養子の長男と暮らすクリスティンは、カソリック系の高校に通っているものの、不満だらけ。貧しい家と活気のない町。大都市の大学生活を夢見るものの、父は失業し、母は地元の州立大学を望んでいる。思春期で反抗期のクリスティンは、誰にでもあるように、恋もセックスもあるニューヨークへの進学を夢見る。自分のことをレディ・バードと呼ぶのは、クリスティンという実名が嫌いだから。裕福な家庭に生まれ、大きな家に住み、素敵な恋人がいる青春がいいに決まっているからだ。親友は数学の先生に憧れているが、叶わない。クリスティンは演劇部で知り合った同級生とつきあうが、セックスに至らない。大切にされているのかと思っていたら、ゲイだったのだ。落胆したクリスティンが次に選んだのが、バンドの同級生。だが、こちらはすでに何人もの相手とセックス済み。初体験を共有できなかったクリスティンは又もや落胆。親友から距離を置いて、セレブの級友と付き合うが、所詮は別の世界の住人たちとはうまくいかない。ようやく卒業前のプロムナイトで、親友と仲直りするのだ。憧れのニューヨークへ旅だったクリスティンは、初めて故郷への思いに心震わせる。印象的なのは、学費の負担で家計のやりくりに苦心する母親の赤裸々な言葉だ。「うちは貧乏なんだからそんな大学いけません」「あんたひとりのためにどれだけお金がかかってるか、わかる?」学費の壁に阻まれて、娘の望みを叶えられない母親の苦悩がよく滲んでいる。米国人がどれほどキリスト教と密接に暮らしているのかもよくわかる。トランプ大統領の支持層がどういう人たちなのかも想像できる。





BIRDS 世界の鳥と出会えるポストカードブック
グラフィック社
クリスティン・ベリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BIRDS 世界の鳥と出会えるポストカードブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ザ・ブリーズ~J.J.ケイルに捧ぐ
ユニバーサル ミュージック
エリック・クラプトン&フレンズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・ブリーズ~J.J.ケイルに捧ぐ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

心震える感動テーマセット vol.4 (ハーレクインコミックス)
ハーレクイン
さちみりほ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 心震える感動テーマセット vol.4 (ハーレクインコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レディ・バード ろくでなし通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる