浮き雲(97年公開・DVD)

黒人歌手がピアノを弾きながらロマンチックな歌声を響かせる場面から始まるが、そこから始まる物語は実に過酷だ。フィンランドが厳しい不況に襲われた時代、街一番の老舗レストラン「ドゥヴロニク」も負債を抱えていた。夫の死後、経営者となったスヨホルム夫人(エリナ・サロ)も、店を売り渡すまでに追い詰められている。主任給仕のイロナ(カティ・オウ…
コメント:0

続きを読むread more

愛しのタチアナ(95年公開・DVD)

フィンランドのアキ・カウリスマキ監督によるモノクロ作品だ。母親と二人で暮らすバルト(マッティ・ペロンパー)は、自宅でミシンを踏む裁縫師。とにかくコーヒーが好きで、いつもコーヒーを飲んでいる。仕事中にコーヒーが切れたことで母親に激怒して、個室に母親を閉じ込めたまま、家を出て行く。ここから先の物語が、バルトの夢想によるものか、実際の体験なの…
コメント:0

続きを読むread more

赤い雪(19年公開・DVD)

北陸の海沿いの町で30年前に起きた事件をめぐる物語だ。家にかかってきた電話に出た幼い少年は飛び出していった。母親は兄に、弟を追いかけるように命じたが、弟はどこかへ消えた。容疑者となったのは、幼い少女と暮らすふしだらな女だったが、否認し続けた。その後、放火事故が起きて、弟の焼死体が発見されたが、女は無罪となった。30年後、ライターの木…
コメント:0

続きを読むread more

夜明け(19年公開・DVD)

若者は傷つきやすい。若者は脆い。妥協が下手で、瑣末なことに拘りぬく。映画集団「分福」所属の広瀬奈々子監督のデビュー作は、傷だらけの男二人を描いている。海沿いの北国、小さな町の川岸に意識不明で倒れていた若い男。彼を助けたのは、木工所を営む初老の涌井(小林薫)だった。助けられた男は、涌井の家で目を覚ます。本名を隠して、咄嗟に吉田シン…
コメント:0

続きを読むread more

そらのレストラン(19年公開・DVD)

北海道出身の大泉洋主演の「そらのレストラン」は、酪農と無農薬栽培、チーズ作りの映画だ。海の見える牧場として雑誌に掲載された「設楽牧場」。厳寒の夜、父親の跡を継いで酪農をやっている設楽(大泉洋)の元へ、突然見知らぬ女性・こと絵(本上まなみ)がやってくる。逃げるように飛び込んできたこと絵と、設楽の物語…かと思っていたら、そうではない。設楽と…
コメント:0

続きを読むread more

深い河(遠藤周作著、講談社)

 遠藤周作の「深い河、ディープ・リバー」は、1993年に出版された。クリスチャンの母親の元で育った遠藤は、終生キリスト教と関わり続けた。青年時代に患った結核も遠藤を苦しめた。ガンジス川を舞台とした「深い河」は、いくつかの視点から構成されている。癌で妻を亡くした磯辺は、妻がどこかで転生していると考えるようになり、インドへ向かう。戦…
コメント:0

続きを読むread more

よみがえる悪魔~1973年知られざる核戦争危機(NHKBS1スペシャル・20/7/7再放送)

 2019年11月に放送されたこの作品には、1973年の米国とソ連、イスラエルとエジプトの入り組んだ国際関係が色濃く描き込まれている。1973年当時、米国はニクソン大統領とキッシンジャー国務長官の時代で、ソ連はブレジネフ書記長の時代だった。ウォーターゲート事件が発覚したニクソンは、飲めない酒を飲んでホワイトハウスで眠り込んでいた…
コメント:0

続きを読むread more

淵に立つ(2016年公開・日仏作品・DVD)

波乱は突然起きる。地方都市で小さな工場を営む利雄(古舘寛治)の元へ男がやってくる。男は八坂(浅野忠信)。二人は丁寧に頭を下げ合うが、八坂が出所したばかりだとわかる。利雄は八坂を住み込みの従業員として雇う。利雄には、妻の章江(筒井真理子)と小学生の娘がいる。突然住み込みで男が家に入ってきたことで、章江は戸惑うが、八坂の言葉遣いや態度は…
コメント:0

続きを読むread more

百円の恋(2014年公開・DVD)

ヒロイン・斎藤一子を演じた安藤サクラが一躍注目を集めた作品だ。新人脚本家だった足立紳の描いたヒロイン像は、とても個性的だ。32歳処女。二階建ての立派な実家・弁当屋「斎藤亭」で、両親と姉親子と暮らしている。姉は結婚して実家を出ていったが、離婚して息子を連れて出戻っている。引きこもって働かない一子と、子連れで出戻って、弁当屋を手伝ってい…
コメント:0

続きを読むread more

ZOZO創業者・前澤友作新事業インタビュー「養育費事業で利益を出す」(アエラ・20/7/20)

ZOZO創業者の前澤友作氏(44)は、「前澤ひとり親応援基金」を設立し、1万人に10万円を配布したが、6月1日には弁護士の伊澤文平氏(32)を社長にした新会社「小さな一歩」を設立した。ひとり親が、元パートナーから受け取れていない養育費の支払いを保証する「養育費あんしん受け取りサービス」だ。アエラ(20/7/20号)掲載の前澤氏へのイ…
コメント:0

続きを読むread more

ル・アーブルの靴みがき(2011年制作・2012年日本公開・DVD)

北欧の名匠としてファンの多いアキ・カウリスマキ監督がフランスを舞台にして撮った作品だ。若い頃は自由に暮らし、雑文を書いては友達から賞賛されていたマルセル(アンドレ・ウィルム)は、中年浮浪者になり、側溝に嵌まっていたところを妻のアルレッティ(カティ・オウティネン)に助けられて結婚する。アルレッティの元夫はDV男で、優しいマルセルと仲良…
コメント:0

続きを読むread more

ギター弾きの恋(1999年制作・2001年日本公開・DVD)

ウッディ・アレン監督は過去の名作を自分流に作り変えることがある。ケイト・ブランシェット主演の「ブルー・ジャスミン」は、「欲望という名の電車」の現代版だった。「ギター弾きの恋」のヒロイン、ハッティ(サマンサ・モートン)は、フェデリコ・フェリーニ監督の代表作「道」のヒロイン、ジェルソミーナを彷彿とさせる。この純粋で頭の弱い女性を演じ…
コメント:0

続きを読むread more

マーニー(1964年公開・20/7/8 NHKBS放送)

アルフレッド・ヒッチコック監督の「マーニー」は、女泥棒の物語だ。ヒロインのマーニー(ティッピ・ヘドレン)は、“転職”するたびに髪の色を変え、名前も変える。台詞によれば、「5回は盗んだわ」というから、アメリカ各地の会社から多額の札束を盗んだ女だということになる。まず、駅のプラットフォームを歩くマーニーの後姿が映し出されて、小脇に抱え込…
コメント:0

続きを読むread more

TBS金曜ドラマ「MIU404」(20/6/26)

野木亜紀子脚本の「MIU404」が始まった。舞台は警視庁機動捜査隊。通常は3班編成だが、架空の「第4班」が編成されたという設定になっている。警視庁機動捜査隊を舞台にしたシリーズを、TBSは過去に10本放送している。月曜名作ドラマ枠の沢口靖子主演「警視庁機動捜査隊216」(安井国穂脚本・制作ユニオン)だ。残念ながら19年3月で月曜…
コメント:0

続きを読むread more

浅草エノケン一座の嵐(長坂秀佳著、講談社)

20年11月まで東京三宅坂の国立演芸場で、「演芸資料展・榎本健一没後50周年記念・エノケン」が開かれているが、エノケンを題材にしたミステリーがある。1989年(平成元年)、「浅草エノケン一座の嵐」で江戸川乱歩賞を受賞した長坂秀佳は、長らく人気ドラマ「特捜最前線」の脚本家として知られていたが、番組の打ち切りによって、苦境に立たされた。…
コメント:0

続きを読むread more

テレビ朝日スペシャルドラマ・スイッチ(20/6/21放送)

ドラマの主人公を際立たせるために、作者は様々な工夫をする。坂元裕二脚本のドラマ「スイッチ」の主人公二人には、いくつものアイデアが盛り込んである。二人は過去のバス事故で共に両親を失った遺児仲間だ。高校時代、合同葬儀で知り合った二人は同じ傷を持ったかけがえのない親友となり、やがて大学時代には恋人となったが、ある理由から別れたのだ。そ…
コメント:0

続きを読むread more

病院坂の首縊りの家(東宝・市川崑監督作品・1979年公開・20/6/15放送)

NHKBSで市川崑監督作品「病院坂の首縊りの家」(1979年東宝)が放送された。大胆にも、まず、原作者の横溝正史が現れて、自宅セットの応接室で金田一耕助(石坂浩二)と会話する。かなり長い会話だが、近くに病院坂という坂があり、廃屋となった法眼病院に因んで名付けられたと語る。時代背景は昭和26年。架空の地方都市での出来事だ。この物語…
コメント:0

続きを読むread more

マネー敗戦(吉川元忠著、文春新書)

 20年6月、日本政府は新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として第2次補正予算を成立させた。第1次補正予算と合わせると、赤字国債発行額は57.5兆円にのぼる。現在、日銀の国債保有率は、46%。19年度末での日本の借金残高は、1114兆円。これに対して、日本の家計は1900兆円の金融資産を有している。日本の財政状況は、ますます歪…
コメント:0

続きを読むread more

女王蜂(東宝・市川崑監督作品・1978年公開・20/6/9放送)

NHKBSで市川崑監督作品「女王蜂」(1978年東宝)が放送された。森遊机著「市川崑の映画たち」によると、角川映画「犬神家の一族」から始まった横溝正史ミステリー・金田一耕助シリーズは、前作の「獄門島」で終る予定だったという。同書によると「もうこの頃は、そうとうに『火の鳥』がクロスしてくるわけです。そっちの脚本を書くのに集中してい…
コメント:0

続きを読むread more

NHK学園・伊香保俳句大会・2020

令和2年6月2日に予定されていたNHK学園・伊香保俳句大会は、新型コロナウイルス感染防止のため中止となり、入選作品集だけが発行された。投稿数は、4724句だった。 【NHK学園伊香保大会大賞】 みどり児に見えてゐるらし花吹雪    三重県・浜西修さん (選評)坊城俊樹「『みどり児』というと、生まれたばかりの新生児を言う。ま…
コメント:0

続きを読むread more