ろくでなし通信

アクセスカウンタ

zoom RSS メアリと魔女の花

<<   作成日時 : 2017/07/28 05:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

メアリ・スチュワートの原作を坂口理子と米林宏昌監督が脚色している。スタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」を撮って独立した米林監督の第1作目となっている。3作とも少女が主人公で、不思議な世界との出会いがテーマになっている。今回は魔女の世界との出会いが描かれるが、主人公のメアリは両親と離れて田舎の叔母さんの家で暮らしている。広壮な住宅で、近くに家もなく退屈しているメアリだが、「魔女の花」と呼ばれる不思議な花“夜間飛行”を見つけて魔女の世界への扉が開く。メアリは魔女大学へ行くが、出迎えるのは、校長のマダムと奇妙な博士。その大学と二人には秘密があって、それが魔女の花と結びついていく、という物語。映像は美しく、緻密で魅了される。特に、冒頭のアクションシーンはスピーディーで、サスペンスフルに展開する。英国の田舎が舞台になっているため、日本人の観客には異国情緒も味わえる楽しみがある。米林監督の師匠、宮崎駿監督作品と比較するのは無意味かもしれないが、宮崎監督作品は多くがオリジナル作品で、作品には宮崎監督の自然観・人生観・文明観が強く打ち出されている。悲惨な戦争を体験し、焼け野原だった戦後の日本を見てきた宮崎監督の視野の深さが作品の魅力にもなっている。米林監督作品は作品として高い完成度を持っている。観客がそれ以上のものを期待するほうが間違っているのかもしれない。




新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫)
KADOKAWA

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

The Art of メアリと魔女の花 (STUDIO PONOC THE ART SERIES)
KADOKAWA

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Art of メアリと魔女の花 (STUDIO PONOC THE ART SERIES) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スタジオポノック絵コンテ集 メアリと魔女の花
KADOKAWA
米林 宏昌

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スタジオポノック絵コンテ集 メアリと魔女の花 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メアリと魔女の花 ろくでなし通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる