ふたりの女王・メアリーとエリザベス

画像


冒頭、元スコットランド女王メアリー・スチュアートが、18年間の幽閉の後にイングランドの宮廷内で斬首される場面が描かれる。原題は「スコットランドの女王、メアリー・スチュアート」で、エリザベス1世と対比させながら、物語は展開していくが、ドラマの中心はメアリーに置かれている。ロケが素晴らしい。望遠で捉えられた山道を疾駆する馬上の女王や行軍する兵隊たちなど、選びぬかれたショットになっている。時代背景は16世紀なので、時代考証も見事で、当時の素朴な衣装、風俗が味わえる。生まれてすぐにスコットランドの女王となったメアリーは、16歳でフランス王妃となったが、王と死別して祖国・スコットランドに戻ってくる。メアリーにはイングランドの王位継承権があり、メアリーの帰国はイングランドにとって厄介な出来事だった。メアリー(シアーシャ・ローナン)とイングランドの女王・エリザベス1世(マーゴット・ロビー)は従姉妹だが、一度も会ったことはない。二人の女王を取り巻く側近たちの思惑と陰謀が渦巻いていく。イングランドとの協和を司ってきたメアリーの兄は、感情的で独善的なメアリーに愛想を尽かして離れていき、イングランドはメアリー排除の企みを図る。スコットランド国内に反乱軍を作り、メアリー軍と対峙させるが、メアリーが勝利する。メアリーは結婚し、息子を持つが、夫は酒浸りの男色家で、別居した末に夫は殺されてしまう。対照的にエリザベスは、人生のすべてをイングランドへ捧げて、結婚も出産も諦めた女王だ。スコットランドでメアリーは次第に追い込まれて孤立し、最後にはエリザベスに救いの手を求める。隠れ小屋で初めて会うメアリーとエリザベスの場面がこの作品のクライマックスになっている。すでに兄に王座を奪われたメアリーだったが、エリザベスに屈することをせず、最後には決裂する場面が秀逸だ。演出は、これが長編劇映画初となる英国の舞台演出家ジョージー・ルーク。いかにも舞台で培った優れた演技演出になっている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック