新聞記者

sinnbunn.jpg
感心しない作品が続いた19年邦画界にようやく現れた問題作だ。東京新聞記者・望月衣塑子の原作を、詩森ろば、高石明彦と監督の藤井直人が脚本にしている。藤井監督の演出は重厚で、権力側(国家側)とマスコミ側との戦いぶりをサスペンスフルに描いている。個人的に印象深いのは、内閣調査室の描写だ。権力内部の秘密のベールに覆われた内調は、「相棒」などのドラマにも登場するが、台詞だけだった。映像になってみると、東大を出た高級官僚たちが、終日パソコンに向かって偽メールや偽ツイートに励んでいる姿が異様に映る。多くが「仕事」と割り切って、その行為が「国を守る」ためだと信じているようだが、中には疑問に思う人物もいるらしい。若き外務省官僚の杉原(松坂桃李)もその一人で、重要な内部情報を新聞社の女性記者(シム・ウンギョン)に渡してしまう。その動機には、信頼する外務省の上司(高橋和也)が、責任を負って自殺するエピソードが使われている。高級官僚の自殺は、松本清張が盛んに書いてきた。推理小説として書かれた高級官僚の死は、いずれも政治からの圧力に抗しきれない、か弱き文官の犠牲として描かれている。清張の卓見は、今でも生きているのだろう。モリカケ問題が発覚した時にも、文科省の高級官僚が謎の自殺を遂げている。国家公務員1種の難関を突破した若き官僚の卵たちは、厳しい研修を受ける。その中で、国家公務員としての自覚を植え付けられる。国のために惜しみなく人生を投入せよ。国家安泰のために、死力を尽くせ。だが、それは、国民のためではない。国家という象徴的な概念のためだ。その具体的行為が、パソコン操作なのだ。偽装し、隠蔽し、破棄する。それが、彼らに課せられた責務だ。それを悪だと断じて批判しようとするマスコミには徹底的な妨害工作が行なわれる。官僚組織の中にいる裏切り者は抹殺される。その、熾烈な戦いが、映画「新聞記者」には、垣間見られる。官邸は強靭な権力を持てるように変化してきた。首相と官房長官、首席補佐官たちが目を光らせる官邸に楯突く者には、見えざる手が伸びてくるのだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

omachi
2019年07月30日 03:46
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。