第22回NHK全国俳句大会(2021年)

今回は新型コロナウイルス感染防止のために例年行われてきたNHKホールでの大会は中止となった。今回の投句数は、題詠と自由題合わせて40144句だった。 *大会大賞 拭き上げて雪の匂ひの生家かな   東京都・冬魚 (選評)井上康明「雪国の生家から離れて都会に暮らす人を思った。冬を迎えるために久しぶりに帰って、家の中を掃…
コメント:0

続きを読むread more

グリンゴ(19年公開・DVD)

メキシコではアメリカ人のことをグリンゴと呼ぶ。ナッシュ・エドガートン監督の「グリンゴ」は、メキシコを舞台にしたブラックコメディーだ。ナイジェリア系のハロルド(デヴィッド・オイエロウォ)の伯父は詐欺師で大金持ちだったが、父親は正直者で貧乏だった。父に似たハロルドは、友人のリチャード(ジョエル・エドガートン)の経営する「プロメチウム…
コメント:0

続きを読むread more

盲目のメロディ(19年公開・DVD)

オードリーヘップバーン主演のサスペンス「暗くなるまで待って」は、盲目の女性が犯罪に巻き込まれる物語だったが、インドのシュリラーム・ラガヴァン監督「盲目のメロディ」は、盲目のふりをしたピアニストが犯罪に巻き込まれる。障害者用のアパートで暮らすピアニストのアーカショー(アーユシュマーン・クラーナー)は、白杖を持って出歩き、ピアノを教えて…
コメント:0

続きを読むread more

ドクター・スリープ(19年公開・DVD)

1980年に映画化された「シャイニング」の原作者、スティーブン・キングが、その40年後の物語を紡いだのが「ドクター・スリープ」だ。「シャイニング」の惨劇を生き延びた少年ダニーが、アル中の中年男になっている。ダニー(イアン・マクレガー)が、“奴ら”の追跡から逃れられてきたのは、自らの特別な力・シャイニングを隠し続けてきたからだ。いろん…
コメント:0

続きを読むread more

カイジ・ファイナルゲーム(19年公開・DVD)

福本伸行原作の「カイジ」シリーズは、現代社会の貧困層の存在を強烈にアピールしてきた。主人公のカイジ(藤原竜也)は、ギャンブルに群集まり、僅かな望みすら失ってしまう者たちを「お前たちはどうしようもない馬鹿だ」「クズ、クズ、クズ!」と罵倒するが、それは自分の姿でもあり、カイジこそ典型的な弱者の一人なのだ。「カイジ・ファイナルゲーム」は、…
コメント:0

続きを読むread more

いなくなれ、群青(19年公開・DVD)

少年少女が大人になるために、脱ぎ捨てなければならない青い殻がある。その殻はかつての自分自身だ。優しさ、思いやり、友情や共感を捨てて、競争の中で勝ち抜いてゆける、したたかな自分に変わっていくのだ。生まれつきの悲観主義者、ペシミストの七草(横浜流星)は、小学校からの同級生、真辺由宇(飯豊まりえ)の存在に違和感を抱いていた。由宇は、七草とは対…
コメント:0

続きを読むread more

3人の信長(19年公開・DVD)

20年放送開始のNHK大河ドラマ「麒麟が来る」でも取り上げられていたが、織田信長が朝倉攻めをした時、義理の弟にあたる浅井長政に裏切られて窮地に陥ったことがある。有名な金ヶ崎の退き口と呼ばれる撤退戦だ。信長は少数の手下を連れただけで懸命に京都へ逃げ落ちた。このエピソードを背景に、渡辺啓監督が自身のオリジナル脚本で撮ったのが「3人の信長…
コメント:0

続きを読むread more

ステップ(20年公開・DVD)

タイトルのステップは、ステップ・マザーやステップ・ファーザーとして使われる。血縁のない親子を示している。重松清原作のこの物語は、30歳で妻を亡くした会社員が、娘を一人で育てる姿を描いている。妻が若くして急死し、一人娘との暮らしが始まった時、幼い娘を妻の両親が引き取る選択肢と子供のいない義理の兄夫婦が引き取る選択肢があったが、健一(山…
コメント:0

続きを読むread more

ディック・ロングはなぜ死んだのか(20年公開・DVD)

米国の静かな田舎町で暮らす3人の平凡な男たち。ディック・ロング(ダニエル・シャイナート)は教師の妻を持ち、ジーク・オルセン(マイケル・アボット・ジュニア)は妻と幼い娘を持っている。独身のアール・ウエイス(アンドレ・ハイランド)には恋人がいる。3人は”ピンクフロイト”というバンドを組んで、いつも集まっている。バンドの練習とは名ばかりで…
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王、史上最高・最強のイギリス君主(君塚直隆著、中公新書)

君塚直隆著「エリザベス女王」は、リリベットの愛称で幼い頃から人々に愛されてきたエリザベス・アレキサンドラ・メアリの94年間の人生を描いたものだ。現在のエリザベス2世は、1926年に生まれ、1952年に父・ジョージ6世の後を継いでウインザー朝4代目の君主として即位した。当時、25歳だった女王は、2021年には95歳になられる。在位70…
コメント:0

続きを読むread more

ヒキタさん!ご懐妊ですよ(19年公開・DVD)

不妊治療の経験のない観客にとっても、とても勉強になる作品だ。原作者のヒキタクニオ氏の体験を基に描かれているので、リアルに感じられる。脚本・監督の細川徹は、コミカルな要素をちりばめながら、夫婦の愛情を色濃く演出している。自宅マンションで妻のサチ(北川景子)と暮らしている作家のヒキタクニオ(松重豊)は、49歳。ビールとサウナが大好きで、…
コメント:0

続きを読むread more

アナ(20年公開・DVD)

1990年公開のリュック・ベッソン監督の代表作「ニキータ」のキャッチコピーは、”泣き虫の殺し屋”だった。フランスで育った監督は、ハリウッドのアクション映画とはテイストの違うヒロインアクションを見事な演出で描き出し、世界の映画ファンを熱狂させた。世界各国でリメイクされ、日本ではテレビ東京の時代劇版となったこともある。監督にとっては90…
コメント:0

続きを読むread more

エジソンズ・ゲーム(20年公開・DVD)

原題は「カレント・ウォー」、電流戦争だ。19世紀に活躍した米国の天才発明家、トーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)が電流の覇権をめぐって戦う相手は、ジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)。ウェスティングハウスは日本人にも知られている。2006年に東芝が買収した原発企業だ。だが、不運にも東電福島第一原発事故が起き…
コメント:0

続きを読むread more

透明人間(20年公開・DVD)

人間が透明になるという設定の映画は過去にたくさん作られてきた。新たな透明人間映画製作に挑んだのは、リー・ワネル監督だ。ホラー映画で名を成した監督は、過去の透明人間映画をあらためて見直したという。結果、どれも似たような発想で作られていたのを確認した監督は、独自の新たな構想が必要だと痛感した。ワネル監督が思い立ったのは、「逃げ出す妻」と…
コメント:0

続きを読むread more