アルプススタンドのはしの方(20年公開・DVD)

aipus stand.jpg
高校3年の夏、甲子園で母校・東入間高校野球部の応援にやってきた全校生の中、アルプススタンドのはしの方に座った4人。演劇部の安田あすは(小野莉奈)と田宮ひかる(西本まりん)、元野球部の藤野(平井亜門)、離れたところに立ったままの宮下恵(中村守里)。恵は常に成績トップだったが、初めて2番になったばかり。近くでは吹奏楽部が懸命に演奏しているが、部長の久住智香(黒木ひかり)は、野球部のエース、園田とつきあっているばかりか、模試で一番になったばかり。一回戦で東入間は、甲子園の名門校と対戦中。劣勢だ。演劇部の二人は、野球音痴。あすはの書いた脚本で演劇部は関東大会まで勝ち上がったが、部員にインフルエンザが出て全国大会は断念した。インフルエンザに罹ってしまったひかるは、あすはに気を使っている。ピッチャーだった藤野は、エースの園田には勝てず、野球部を辞めてしまった。運動も苦手で勉強しか取り柄がないと思い込んでいる恵は、首位を奪われたばかりか、好意を持っていた園田と香がつきあっていると知って失意のどん底に。4人それぞれに屈託を抱えたまま、試合は進んでいく。声を張り上げて応援する英語教師は、空回り。藤野が野球を辞めたのも、あすはが全国大会を諦めたのも、「しかたがなかった」からなのか。努力や情熱は報われないのか。試合が進むにつれて、彼らはそれぞれに新たな発見をする。藤野が馬鹿にしていた野球部の補欠、矢野が代打に抜擢されて、犠牲バントを成功させ、起死回生の最終回を迎えるが・・・。第63回全国高等学校演劇大会最優秀賞を受けた藪博晶の原作戯曲を、奥村徹也が映画脚本にして、城定秀夫が監督している。登場人物の設定がとてもうまく創作られている。諦めかけていた高校生たちが新たな希望を持つような終盤も感動的だ。しかも、社会人になった4人がラストで再会する。同じアルプススタンドのはしの方で。才能はないがひたすらなる努力の人、矢野の意外な姿が添えられている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント