東條英機・「独裁者を演じた男」(一ノ瀬俊也著、文春新書)

1941年12月の真珠湾攻撃からサイパン島陥落までの2年9ヶ月間、首相を務めた東條英機は、戦後、A級戦犯容疑者としてGHQに逮捕された。本書には、1945年9月に文学者の杉浦明平が記した日記が載っている。「東條英機が逮捕に先立って自決した、とラジオは伝えている。寺内も重態という。戦争犯罪人数千人の名簿がすでに作成されているそうだ。東…
コメント:0

続きを読むread more