小吉の女房2(NHKBS時代劇)

NHKBS時代劇「小吉の女房2」が快調だ。勝小吉は、幕末の江戸城無血開城の立役者、勝海舟の父親として知られ、隠居後に書いた「無酔独言」には、自由奔放に生きた小吉の小気味よい生き方が描かれている。山本むつみ脚本のオリジナルドラマだが、テレビドラマとして描かれた過去の勝小吉像の中で最も評判になったのは、1974年のNHK大河ドラマ「勝海舟」…
コメント:0

続きを読むread more

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(20年公開・DVD)

サンフランシスコへの切実な思いが作品の原点になっている。サンフランシスコに強い思いを抱くことのない日本人の観客には、伝わりにくい部分が多いだろう。主人公のジミー(ジミー・フェイルズ)と友人のモート(ジョナサン・メジャーズ)との会話の中には、日系人の関りが出てくる。戦前から日系人は米国社会に移住して、その一部がサンフランシスコへ移っていた…
コメント:0

続きを読むread more