テーマ:国際政治

米国とイランの対立は出来レースか(「アエラ」2020.1.27号より)

週刊誌「アエラ(20.1.27)」掲載の姜尚中氏のコラムには、興味深い見方が示されている。米国によるイスラム革命防衛隊ソレイマニ司令官殺害と、その報復とされた米軍基地へのミサイル攻撃には、両国による内応が存在するのではないかというのだ。記事によると「イスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害から始まったイランと米国の緊張関係。報復を表明し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more