アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ろくでなし通信
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
進学を諦めるな!あしなが育英会の給付型奨学金
進学を諦めるな!あしなが育英会の給付型奨学金  高校生2万円。大学生3万円。専門学校生3万円。大学院生4万円。これだけの金額が、現在の奨学金に上乗せされる、と、あしなが育英会が発表した。さらに来年度から、返済不要の奨学金制度も発足させるという。現行の奨学金月額は、公立高校が2万5千円、私立高校が3万円、大学生が4万円(5万円)、専門学校生が4万円、大学院生が8万円。これに上記の金額が上乗せされる。公立高校で月額4万5千円、大学生が7万円になるという。  過酷なバイトで学生が消耗することを危惧してきた玉井義臣会長は記している。 「遺児... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 05:07
先生…好きになってもいいですか
先生…好きになってもいいですか 物語の舞台は、岡山県立南高。幕開けはとてもオーソドックスな入学式から始まる。ヒロインのひびき(広瀬すず)の性格設定は、まじめで素直、何事にも一生懸命に励んでいる弓道部員。前半のひびきは、口数も少なく、控えめな女性として描かれている。動きと台詞の多い弓道部員の二人の友人(森川葵、竜星涼)を活発に動かすことで、ひびきのまじめさが強調される計算になっている。物語が大きく動き出すのは、ひびきが思いきって大好きな世界史の教師(生田斗真)に、「好きになってもいいですか」と告白する場面からだ。口数が少... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 14:02
ザ・サークル
ザ・サークル かつて、ネット社会の到来をハリウッドは歓迎して「ユー・ガッタ・メイル」を作り、若きトム・ハンクスとメグ・ライアンはメールで知り合い、結ばれた。だが、やがて急速に進化するネット社会の危険性がテーマとなり、同じトム・ハンクスがカリスマを演じる「ザ・サークル」が作られた。今回、ヒロインのメイ(エマ・ワトソン)は、恋に落ちるどころではなく、素朴な幼馴染を自らのミスで失ってしまう。しかも、彼の自動車事故はリアルタイムで全世界に公開されてしまうのだ。無限に拡散する監視社会と、ネットユーザーの貪欲で良識な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 16:44
密偵
密偵 かつてフランスがナチスドイツによって支配されていたバシー政権の頃、ナチスへ積極的に協力したフランス人たちがいた。英国のテレビドラマ「刑事フォイル」でも、英国がドイツと戦っていた頃、英国の敗北を予測してドイツに協力していた人々がいた事実が描かれている。戦時中の朝鮮半島でも事情は似ていただろう。司馬遼太郎の「坂の上の雲」には、明治時代の日本にとって、朝鮮半島の政治的状況がいかに切実だったかが詳しく記されている。日本はロシアを恐れて朝鮮半島を武力で支配し、ロシアの南下を防ごうとした。朝鮮王朝は滅び... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 22:05
スリーパー(竹内明著、講談社)
スリーパー(竹内明著、講談社) TBS記者でもある作者による北朝鮮をめぐる諜報戦ミステリーの3作目が「スリーパー」だ。タイトルの意味は、“浸透工作員”。北朝鮮のスパイが他国で暮らし、長年の間、普通の生活をしながら他国に溶け込み、本国からの指示を待っている状態を指している。旧日本軍でも“残置諜者”と呼ばれる軍人は戦後も他国に残って本国からの指示を待っていた。徳川時代でも、幕府が枢要な藩に親子三代にわたる諜報員を置いて諜報活動を行なわせ、お家騒動につけ込んで藩を改易させたりしていた。いずれも、周囲から疑われないことが重要だ。「スリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 10:15
ラストレシピ
ラストレシピ “麒麟の舌”とは、一度食べた料理の味を終生忘れない天才料理人だけが持つ味覚のことだという。「キネマ旬報」(17/11月上旬号)によれば、田中経一の原作を林民夫が脚本化しているが、滝田洋二郎監督との打ち合わせの結果、20回近く書き直しているという。完成した脚本は、とてもよくできたミステリーになっているし、意外性にも富んでいる。腐心した点のひとつは、主人公の天才料理人、佐々木充(二宮和也)の人物設定だろう。原作どおりなのかもしれないが、工夫もされているはずだ。冒頭で現われる充は、児童擁護施設... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 19:00
関ケ原(司馬遼太郎著、新潮文庫)
関ケ原(司馬遼太郎著、新潮文庫) 戦国時代最大の戦争となった関ヶ原の合戦を描くのに、作者が選んだ主人公は石田三成だった。にも関わらず、作者の三成を描く筆は容赦がない。たとえば、文庫本下巻で描かれる豊臣方の安国寺恵瓊や盟友大谷刑部吉継とのやりとりの中だけでも、「(三成は)つい、その悪癖であるとげのある言葉が出た。三成のこの種の言葉がどれほど敵を作ってきたか、まだ三成自身は深刻にはわかっていない」「吉継は、三成という男がこれほど明敏な頭脳をもちながら、人間に対する認識が、欠落したように暗いことを知っている」「三成のくせであった。三成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/05 09:50
バリーシール
バリーシール こんなことが実際に起きていたのだから、米国はとても恐ろしい国だ。ソ連と苛烈な秘密戦争を繰り返していた冷戦時代、抜群の腕を持つTWAのパイロット、バリー・シール(トム・クルーズ)は、小遣い稼ぎやっていた違法葉巻の密輸をCIAに知られる。当時、ソ連嫌いのレーガン大統領は、南米が共産化されるのを阻止せよと、CIAに極秘作戦を命じていた。米国が南米の親米組織に武器を与える作戦だ。米国に代わって彼らに共産政権を打倒させるのだ。CAIが武器の運び屋として目をつけたのが、バリーだった。バリーは、15歳で飛行を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 05:19
ブレードランナー2049
ブレードランナー2049 ゆったりとしたテンポで展開していく。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の演出は、映像に充分な意味を込め、静的でミステリアスな作品に仕立て上げている。冒頭のテロップで、旧型レプリカントが人類に抵抗してクーデターを起こして弾圧された後、人類に柔順な新型レプリカントがウォレス社で作られていることが示される。だが、人々はレプリカントをうまく利用しながらも下僕のように見下している。レプリカントたちは黙って耐えているのだ。新型レプリカントの捜査官K(ライアン・ゴズリング)は、危険な旧型レプリカントを探し出して抹殺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 09:01
飯田龍太没後十年・俳句の心
飯田龍太没後十年・俳句の心 俳人飯田龍太がなくなって十年になる今年、NHK学園発行「俳句春秋」で、宇多喜代子氏と井上康明氏が対談している。これは、六月二日「伊香保俳句大会」で行なわれたイベントだ。 宇多喜代子氏が選んだ「飯田龍太の十句」は、   外風呂へ月下の肌ひるがえす 山河はや冬かがやきて位に即けり 百姓の冬の洗面大きな音 生前も死後もつめたき箒の柄 子の皿に塩ふる音もみどりの夜 どの子にも涼しく風の吹く日かな 山の雨たっぷりかかる蝸牛 種蒔きしあとの遠目を駿河まで 去るものは去りまだ充ちて秋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 05:06
ミックス
ミックス 最近亡くなったJ.Gアビルドセン監督の傑作「ロッキー」には、重量感溢れるリアリティーがあった。無名だったシルベスター・スターローンの肉体を賭した渾身の演技に圧倒された。卓球を舞台にして挫折した男女の再生物語を描いたのが、「ミックス」だ。オリジナル脚本を担当した古沢良太の任務は、「挫折」と「再生」の描き方だろう。コメディーなので、リアリティーが必要だとは思わないが、著名な俳優たちがその肉体で卓球をするのだから、事前準備が必要になってくる。予告編を見た後でこの作品を観ると、予想した展開が大き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 05:19
沸騰水型原発と循環冷却装置
沸騰水型原発と循環冷却装置 2011年に過酷事故を起こした福島第1原発は、沸騰水型原発だった。事故以来、沸騰水型原発が再起動した例はない。沸騰水型原発の問題点は、格納容器が小さいことだ。冷却装置が壊れると、原子炉内にある多数の核燃料の崩壊熱によって炉心温度が急上昇する。その結果、格納容器の内圧が高まり、危機が訪れる。これを防ぐため、2017年10月18日、原子力規制委員会は、沸騰水型原発に対して、新たな冷却装置の設置を義務付けることにした。これは、格納容器内の水を外部で冷やして循環させながら、原子炉の冷却に使う装置... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 18:45
猿の惑星グレート・ウォー
猿の惑星グレート・ウォー 高い知能を持つ類人猿(エイプス)を遺伝子操作で産み出した人類。だが、あらたなエイプスの人類への強い反感と憎しみが、戦いへと展開し、おびただしい犠牲者が出てしまう。エイプスの中にも、人類へ媚び、人類の戦いの手伝いをすることで生き延びようとする者も出てくる。司馬遼太郎の「関が原」の中にも、衰亡する豊臣政権を見限り、家康へ媚びて行く戦国大名の姿が印象的に描かれている。だが、彼らの多くは江戸時代に徳川幕府の手によって滅ぼされた。裏切り者の末路は哀れだ。マット・リーヴス監督の「猿の惑星グレート・ウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 10:57
福島地裁の判断
2017年10月10日、原発集団訴訟の判決が福島地裁から出た。予見可能性については、まず、阪神淡路大震災を契機に設置された国の地震本部への信頼性を打ち出している。「文部科学省地震調査研究推進本部地震調査委員会が2002年7月に作成した『三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価』は、規制権限の行使を義務付ける程度に客観的かつ合理的根拠を有する知見。専門的研究者の間で正当な見解と是認され、信頼性を疑う事情はない」つまり、地震本部が出した想定地震の結果には信頼性があり、国はその結果に対して責任を持... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 05:16
真田太平記
NHK大河ドラマ、三谷幸喜作「真田丸」の骨格を成していたのが、池波正太郎原作「真田太平記」。文庫本12巻の圧倒的大河小説だ。池波正太郎が、この大長編を「週刊朝日」誌上で連載し始めたのが、昭和49年1月。終了したのが、昭和57年12月。9年間にわたって449回連載されている。作者は50代のほとんどをこの作品の執筆に費やしている。当時の編集者、重松敦之氏の解説によると、連載小説を依頼された池波正太郎は「江戸の市井をテーマにした人情話なら、1年、真田一族を取り上げるとなれば3年ぐらいかかるかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/15 17:03
ナラタージュ
ナラタージュ 菅野美穂が精神を病んでまで高校時代の教師を愛しぬく姿を描いた「パーマネント野ばら」。ドラマ「高校教師」をはじめとして女子高生が教師を慕うドラマは数多い。「ナラタージュ」は、映画配給会社に勤める泉の回想から始まる。高校時代に演劇部員だった泉(有村架純)が、演劇部の顧問教師・葉山(松本順)を慕う物語だ。回想シーンとして描かれるドラマが深まるのは、大学時代に知り合う元劇団員・小野(坂口健太郎)が、泉に愛を告白し、小野の想いに打たれた泉が恋人としてつきあい始めてからだ。平板に見えていた純愛物語に、小... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 18:50
高橋源一郎「人生相談」17/10/2
高橋源一郎「人生相談」17/10/2  毎日新聞掲載の「人生相談」で、「人を傷つける言葉が多すぎる」という24歳女性からの相談に、高橋源一郎氏が回答している。相談者は、家庭の事情で薬学部を中退し、薬局で働いている。本人は充実しているが、周囲の人々は「無駄に頑張ってる」「給料安いなら辞めちゃえば?」と否定的な言葉ばかり投げつけてくる。相談者はひどく傷ついているという。「『否定的な言葉』は、人々を(それを放つ人も含めて)傷つけ、生きる意味を壊します」と、高橋源一郎氏は答えている。「だから近づいてはいけません。そこには負のエネルギーの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 05:15
横浜市俳句大会・入選作品集
横浜市俳句大会・入選作品集 平成29年9月27日、横浜市民文化会館関内ホールで「NHK学園生涯学習フェスティバル横浜俳句大会」が開かれた。自由題、題詠「楽」あわせて5831句が集まった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 05:22
英国ウインザー朝100周年は、ダイアナ元皇太子妃没後20年目
英国ウインザー朝100周年は、ダイアナ元皇太子妃没後20年目  ウイリアム王子は35歳。2年以上勤めた民間航空機会社を7月に退職した。王子は、救急ヘリコプターの操縦士だった。退職の理由について、「アエラ」(17/10/2)の多賀幹子氏の記事によると、「気に入っていた仕事(パイロット)から潔く身を引いたのは、王子の並々ならぬ覚悟の表れだ」何を覚悟したのか。それは、近づく祖父母(エリザベス女王とエディンバラ公フィリップ殿下)の引退によって、王室業務を本格的に引き継ぐ決意を固めたというのだ。「エリザベス女王(91)は、昨年90歳を迎えたのを機にテニスのウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 05:26
ドリーム
ドリーム 昭和2年、米国の黒人夫婦に数学の天才少女が生まれる。戦前の米国の黒人差別は著しく、黒人たちは全くの別世界に押し込められていた。だが、黒人たちは自助努力で人材を育てていた。天才少女も小学生のときに最高の高校へ飛び級で入り、黒人女性として初めて大学院まで進むのだ。奨学金と寄付で少女は卒業し、NASAへ臨時職員として入る。仕事は計算係。コンピューターがなかった時代、計算は計算機と鉛筆だったのだ。戦後、過酷な冷戦に勝ち抜くため、米国は全米から天才たちを掻き集めて宇宙戦争の勝利をめざしていたが、ソ連の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 14:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

ろくでなし通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる