アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ろくでなし通信
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
生誕120年・宇野千代展〜華麗なる女の物語
生誕120年・宇野千代展〜華麗なる女の物語  神奈川近代文学館で宇野千代展が開かれている。 「この頃 思うんですけどね 私 何だか 死なないやうな 気がするんですよ ははは はは  宇野千代 満八十歳」と書かれた色紙が飾られている。  明治29年、山口県岩国市に生まれた宇野千代は、14歳の時に父親から命じられて従兄の家に嫁いだが、婚家との折り合いが悪くわずか11日で実家に戻っている。父親は若い頃に放浪無頼で知られ、刃物を振り回して自殺未遂を起こしたりしていた。明治時代、娘は父親に逆らうことなどできなかった。岩国高等女学校を出た宇野千代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 13:58
世界を救った“マルウエア・テク”
 北朝鮮が組織的に関与したといわれる大規模サイバー攻撃。その猛攻を阻止したのが、ひとりの青年だったという。名前は“マルウエア・テク”。英雄になった今は本名が知られ、英国人のマーカス・ハチンス氏だとわかった。22歳のピザ好きサーファーだという。毎日新聞・福本容子記者によると、「不正プログラムの働きを止めるスイッチをたちまち発見」して、世界を救ったのだ。「ハチンスさんは大学に行っていない。高校時代に、校内のコンピューターシステムをダウンさせた、とのぬれぎぬを着せられ、処分された。学校でインターネ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 05:28
メッセージ
メッセージ 映画脚本で使われる回想シーンは過去の説明を担っている。展開の速さを妨げるという理由からハリウッド映画では回想シーンが使われることは少ない。だが、「メッセージ」で頻繁に挿入されるインサートショットは、回想ではない。観客は冒頭から騙される。脚本のエリック・ハイセラーが騙しているのだ。離婚した言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)が、あたかも最愛の一人娘を病気で失った“過去”を持つように描かれるが、このエピソードはすべて過去の出来事ではない。これから起きようとする出来事なのだ。ルイーズには超能力があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 15:48
キャサリン妃の覚悟
キャサリン妃の覚悟 今年はダイアナ元妃がパリで亡くなって20年目になる。英国で行なわれる追悼イベントが報道されるたびに、ダイアナ元妃と比べられるのがキャサリン妃だ。ダイアナ元妃が亡くなった時、ウイリアム王子は15歳、ヘンリー王子は12歳だった。二人は長い間、母親について語らなかった。雑誌「アエラ」(17/5/22)の多賀幹子氏の記事によれば「王室による謀殺説が完全には消えていない状況にあって、ダイアナの名前を口にすることは王室内では一種のタブーだったのだ。それが、ウイリアム王子はキャサリン妃(35)と結婚すると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 07:13
午後8時の訪問者
午後8時の訪問者 「午後8時の訪問者」と名付けられた邦題はテーマをよく現している。たしかに、この物語はある診療所に8時過ぎに訪れた若い女性の正体を追っている。日本のテレビドラマのように殺人事件が起きるが、主人公の女医が犯罪に巻き込まれるわけではない。真相も犯人も終盤で明らかになるが、それが目的でもない。ジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌの兄弟監督は、町の診療所に通う人々と正義感の強い女医との関わりを描こうとしているのかもしれない。だが、それが成功しているとは思えない。演出は淡々としている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 18:11
マンチェスター・バイ・ザ・シー
マンチェスター・バイ・ザ・シー Williams FW15C 1993 (Joe Honda Racing Pictorial series by HIRO No.40)Model Factory Hiroジョー・ホンダユーザレビュー:Amazonアソシエイト by COOKJEANS クックジーンズ C.BY.C シー・バイ・シー 綿麻 長袖シャツ メンズ コットンリネン カラー ブロードシャツ トップス リゾート 2 OFFユーザレビュー:Amazonアソシエイト by コンサート・バイ・ザ・シー 完全版SMJエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 05:17
期待外れだった脳梗塞特効薬・t−PA
期待外れだった脳梗塞特効薬・t−PA  2005年、国内に導入されたt−PA(アルテプラーゼ)。当時のマスコミはこぞってこの新薬を脳梗塞の特効薬として大々的に広めた。脳梗塞患者に対して、発症から4時間半までに静脈からt−PAを点滴投与すれば、劇的に脳内の血栓が溶けるという薬のはずだった。だが、実際の臨床例が重なるに連れて、この薬では大きな血栓や古い血栓を溶かすことはできないことがわかってきた。そこで新たに登場したのが、「血栓回収療法」だ。脚の付け根から直径2〜3ミリのカテーテルを入れて器具によって血栓を除去するのだ。  この方法に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 05:33
再稼動険しい浜岡原発
 中部電力浜岡原発は、東日本大震災直後に当時の菅直人首相の判断で緊急停止された。それから6年が経ったが、再稼動の可能性は薄い。浜岡原発は、福島第1原発と同じ沸騰水型原発であるため、原子力規制庁の安全審査にも通りにくい。さらに、南海トラフ巨大地震の想定震源域の真上にあることも再稼動の可能性を低めている。福島の事故後、想定される最大の揺れの程度が引き上げられる見込みで、再稼動の可能性は厳しい。  毎日新聞は、浜岡原発の再稼動に必要な「地元同意」の範囲について、関係する11市町へのアンケート結果を公... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 11:27
「俳句入門」秋元不死男著、角川選書
「俳句入門」秋元不死男著、角川選書  俳句を始めて間もない初心者が読んでも真意が汲み取れないほど高度な入門書になっている。著者の秋元不死男は、明治34年、横浜元町に生まれ、戦前は働きながら俳句を学んでいたが、戦時中の思想弾圧事件「京大俳句事件」に絡んで逮捕され、昭和16年2月から昭和18年2月まで2年間を牢獄の中で過ごした。戦時中の思想犯がどれほど過酷な扱いを受けたかは想像に余りある。そのため戦後は職を失って、俳句一筋に生きた。 「俳句入門」は、著者が53歳の時に初版が出ている。初心者向けに書かれたのだろうが、内容は俳句芸術論の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/14 05:32
元禄型関東地震、次は2200年?
元禄型関東地震、次は2200年? 5月11日、東大と産業技術総合研究所は、新たな「元禄型関東地震」の発生頻度を発表した。「元禄型関東地震」は、元禄時代に起きた大地震(1703年)と同じ仕組みで起きる地震で、大正時代の関東大震災(1923年)よりも一回り規模が大きい。相模トラフ沿いのプレート境界で起きる地震で、静岡県伊豆半島から房総半島南東沖までの広い地域に震源を持つ。起きれば、M8.2クラスの大地震となる。今までの頻度は、最短で2000年とされていたが、新たな調査の結果、500年になった。これまで調べられた房総半島東岸の河岸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 07:07
追憶
追憶 脚本家の青島武がかねてから暖めていた原案を、瀧本智行との共同作業で脚本化した。青島氏と降旗康男監督の前回作品「あなた」は、お涙頂戴の安易な作品だったが、今回の作品は上質の人間ドラマになっている。不幸な少年時代をある喫茶店経営の女性の元で暮らしていた3人の男子が、ある事件に関与するが、その女性がすべての罪をかぶることで事件は収まる。3人は互いに連絡を取り合わないまま、25年を過ごし、再び再会するが、そこにはかつての犯罪が深く関わっているように思われた…。主人公の富山県警の刑事・四方(岡田准一)... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 20:23
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ 余韻の漂う素晴らしいラストシーンだ。ユダヤ系の質素な家で育った青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、芸能界の敏腕エイジェントとして活躍する叔父を頼ってハリウッドへ。そこで一目惚れしたのは、秘書のヴォニー(クリステン・スチュワート)。美しくて愛らしいヴォニーの心を射止めようと頑張るボビーだが、ヴォニーには秘密の恋があった。ボビーの気持ちを裏切り、成功者と結婚したヴォニー。失意のボビーは、ニューヨークの実家に戻って兄の営むナイトクラブで働き始める。そこで出会った二人目のヴォニーことベロニカ(ブレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 15:19
ドラマ「CRISIS」〜鋭角な映像
 ドラマ「CRISIS」〜鋭角な映像  警察庁の上層部が密かに運用を始めたという設定の「公安機動捜査隊特捜班」の物語。初回は新幹線内に持ち込まれた爆発物をひそかに処理する。新幹線を止めて、爆弾犯と捜査員が一体となって川へ飛び込むといった思いきった場面展開も見られたが、処理にあたる捜査員の能力が高すぎて事件がすいすいと解決しすぎる欠点も見えていた。かつて「外事警察」「ハゲタカ」で演出家が見せた鋭角な映像作りが今回も基調となっている。主演の小栗旬、西島秀俊のアクションも殺陣とカット割りがよく考えられていて、ダイナミックでスピーディーな見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 05:14
大女優が語る昭和の映画・佐久間良子
大女優が語る昭和の映画・佐久間良子  文藝春秋(17/2月号)には、大型企画「大女優9人が語る昭和の映画」が特集されている。77歳の佐久間良子さんは、女優志望ではなかったという。高校時代、佐久間良子さんは西武線で通学し、「西武線のマドンナ」として男子生徒の憧れの的だった。その噂が練馬の東映撮影所の耳に入ったという。「高校を卒業する頃には、帰宅すると自宅の前に東映の車が連日停まっていて『ぜひ女優に』と偉い方が説得に来ている」状態だった。両親も映画界入りを反対していたが、気持ちが次第に変わって一年ぐらいやってもいいかと思い始めたと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 07:10
バロン氏の怒り
バロン氏の怒り  米国トランプ政権誕生の鍵を握ってきたといわれるバロン氏。右翼メディア「ブライトバート」会長としてメディア戦略を担当し、大成功を収めた。「ブライトバート」は、白人至上主義や排外主義を肯定するニュースを流して、保守派の白人たちから強い支持を得た。大統領選挙中は、既得権益層を徹底的に批判してトランプ大統領を誕生させた。  そのバロン氏の生い立ちから今に至るまでの興味深い紹介が毎日新聞(17.4/29)に載った。バロン氏が強い怒りを抱いたのは、2007年頃だったという。米国金融界はリーマンショックに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 15:40
3月のライオン・後編
 3月のライオン・後編 前編より後編が面白くなるということがないことを痛感させられた作品だ。前編では、両親を交通事故で亡くした少年・桐山零がプロ棋士の幸田(豊川悦司)に引き取られ、やがて頭角を現して新人賞タイトルを取るまでが描かれていた。桐山零と義理の姉弟との確執や、偶然知り合った川本家の人々との暖かな交流がきびきびと描かれて、好感を持って観ることができた。プロ棋士の後藤(伊藤英明)や天才・宗谷(加瀬亮)、桐山零の先輩や友人、教師たちも個性的に描かれていて、面白く観ることができた。孤独だった桐山零が、川本家の人々に励... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 16:40
高齢者ドライバーの事故を防ぐ“STOPペダル”
川口市弥平の機械整備業「ナンキ工業」が開発した「STOPペダル」は、ブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ装置だ。社長の南平次さん(77)は、「踏み間違い事故をゼロにできる」と自信を見せるが、まだ市販されていない。STOPペダルは、ブレーキとアクセルが一体化したような形をしている。車のアクセルペダルを取り外して設置する仕組みだ。ペダルのアクセル部分を急に強く踏み込むとロックが外れ、高い警告音が出て、アクセルが抑制され、ブレーキがかかるようになっている。STOPペダルが作動するのに必要な力は調整する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 05:27
生誕150年・正岡子規展―病床六尺の宇宙
生誕150年・正岡子規展―病床六尺の宇宙  結核で35年の短い生涯を終えた正岡子規が生まれて150年になる。神奈川近代文学館では5月21日まで正岡子規展を開いている。  正岡子規は、病弱で気の弱い子供だったらしい。幼い頃は外で遊んでも泣かされて家に逃げ帰っている。自分でも、家の中で読書をしたり空想に耽ったりしていたほうが楽しかったと述べている。だが、時代は明治。男子は誰でも大志を抱かなければならない時代だった。身体の弱い正岡子規は、文学で志を立てようとした。小説家を目指すが、原稿を出版社に持ち込んでも出版には至らず、俳句の道を選んだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 04:16
脚本から見るテレビドラマ「緊急取調室」
脚本から見るテレビドラマ「緊急取調室」  順風満帆の脚本家・井上由美子氏の最新作が、「緊急取調室」(テレビ朝日系・製作アズバーズ)だ。第2シーズンとなる今期の1話目のゲストは、三田佳子さんだった。三田さんが演じる独居老人・白河道子は77歳。公営団地の一室で花に囲まれて暮らしている。その団地で、宅配便の運転手が死体となって発見される。運転席で薬物を飲んで死んでいたが、なぜかビニール傘が広がっている。警察の様子を見ていた群集の中から、質素な老婦人の道子が名乗り出て「私が殺しました」と自首するという場面から始まる。冒頭から意外性を打ち出して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 22:55
ジャッキー
 ジャッキー  オバマ政権当時の駐日大使だったキャロライン・ケネディ氏が、幼い姿で現われる。父親のケネディー大統領がダラスで暗殺された時、キャロラインには兄のジョン・ジュニアがいたが、今はいない。ジョンは、38歳の若さで飛行機事故を起こして死んでいる。ジャッキーと呼ばれたジャクリーン・ケネディ大統領夫人は、24歳の時に12歳年上のジョン・F・ケネディと結婚した。最初の子供は流産し、次の子供も死産だった。富豪の息子だった夫は有望な政治家だったが、浮気ものだった。耐えられずに義父に離婚を申し出たが、富豪の義... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 14:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

ろくでなし通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる