ろくでなし通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼き肉ドラゴン

<<   作成日時 : 2018/06/25 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「戦前は日本に二百何十万人の朝鮮人が来とったでしょう。それが戦争が終わると、ほとんど帰って、ニ、三十万人しか残らなかった。その残っている朝鮮人は、落ちこぼればっかり。日本にはカスばっかり残っとるんですよ(笑)。サラ金をやりよったときも、日本人はきちんと返すのに、朝鮮人はだいたい、一回目の利息は返しても、あとは返さんのですよ」(佐野眞一著『あんぽん』より)。孫正義氏の自伝「あんぽん」には、孫氏の父親・孫三憲氏の言葉が載っている。鄭義信脚本・監督の「焼き肉ドラゴン」の舞台は、昭和45年前後の関西の地方都市。同じ頃、鳥栖駅前の朝鮮部落で生まれた孫正義氏は、北九州市を経て福岡市へ移り、久留米大学附設高校に入った後、渡米している。孫正義氏の生まれた家も、映画の中に出てくるようなバラックだったという。孫三憲氏によると、「親父(孫正義氏の祖父)は何もせんし、どこにも行かんもん。おふくろだけ働かせてですな。酒ばかり飲んでですな。酒飲んだら威張って。(略)もう、アル中ですな。大体飲むですもんね、“アリランちゃん”はみんな(笑)。そして酒を飲むと必ずケンカになる。私は小さいときから、ケンカでやられて戸板に乗せられて帰ってくる親父を何度も見ました」孫正義氏の祖父は働かなかったが、祖母は働いた。祖母は豚を飼い始め、次第に家計が安定した。孫正義氏が違っていたのは、「在日なので東大を出ても出世できないことがわかっていた」ことだ。大企業は在日を採用しない。だから、進学校を半年でやめて米国へ渡り、死に物狂いで勉強して首席を取った。大学時代に独自に開発した翻訳機が孫正義氏の最初の成功だ。今は巨万の富を手に入れ、日本を代表する企業のトップとして君臨する男の育った家も、「焼き肉ドラゴン」とさほど違っていない。貧しく狭い粗末な家に家族が住み、喜怒哀楽の振れ方が大きい。叫び、怒鳴り、つかみ合って殴り合う。抱き合って号泣し、泥酔するのだ。激しく愛し合い、憎み合い、故郷を偲び、日本を生活の場として受け入れる。「焼き肉ドラゴン」の登場人物たちは、ひとりひとりがツブ立っている。父親・龍吉(キム・サンホ)は戦争で片腕を失っている。長女・静花(真木よう子)は片足を引きずっている。次女の梨花(井上真央)と夫(大泉洋)には深い亀裂が入っている。三女の美花(桜庭みなみ)は不倫を続け、息子の時生(大江晋平)は、名門中学で虐めぬかれている。純粋な日本人として登場するのは、立ち退きを迫る市役所の男女二人だけだ。あとは在日1世と2世。差別と迫害と貧困の泥沼人生だ。しかも、当時は北朝鮮への帰還事業が真っ盛り。「北は夢の国」という誇大宣伝に乗せられて、在日の人たちも多数が北朝鮮へ渡ってしまった。
この物語は、力強く明日を信じる場面で終わるが、本当に彼らの未来が明るかったのかどうかは不明だろう。





あんぽん 孫正義伝 (小学館文庫)
小学館
佐野 眞一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あんぽん 孫正義伝 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

孫正義 起業の若き獅子
講談社
大下 英治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 孫正義 起業の若き獅子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)
実業之日本社
井上 篤夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
焼き肉ドラゴン ろくでなし通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる