英国王室・どこまでも“メーガン流”

アエラ(19/4/1)の多賀幹子氏の記事によれば「英王室のメーガン妃(37)に注目が集まったのは2月、米ニューヨークで赤ちゃん誕生前の祭事『ベビーシャワー』を祝い、その費用計約5500万円をセリーナ・ウイリアムズやアマル・クルーニーらが負担したと伝えられたからだ」日本人には馴染みのないベビーシャワーだが、このお祝いに英王室のメーガン妃が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたりの女王・メアリーとエリザベス

冒頭、元スコットランド女王メアリー・スチュアートが、18年間の幽閉の後にイングランドの宮廷内で斬首される場面が描かれる。原題は「スコットランドの女王、メアリー・スチュアート」で、エリザベス1世と対比させながら、物語は展開していくが、ドラマの中心はメアリーに置かれている。ロケが素晴らしい。望遠で捉えられた山道を疾駆する馬上の女王や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビリーブ

冒頭、正装した多くの青年たちが、群れをなしてハーバード・ロースクールの建物へと吸い込まれていくが、その中で小柄な女性が一人だけ混じっている。それが、ルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)で、学生結婚をして娘もいる。ミセス・ギンズバーグだ。だが、彼女は大学の中では女性差別の主張は抑えている。同級生の中で女性はわずか9人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国でまた会おう

主演のアルベール・デュポンテルが、脚本、監督と大活躍をした傑作だ。原作のピエール・ルメートルは、55歳でミステリー作家として世に出た異才で、「天国でまた会おう」は6冊目の作品になる。ルメートルは、若い頃にテレビドラマの脚本家だったから、この作品では監督のデュポンテルと共同脚本を書いている。物語は第一次世界大戦の終盤近くからその後の数年。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウトヤ島、7月22日

「ヒトラーに屈しなかった国王」で世界的名声を得たエリック・ポッペ監督が、ワンシーンワンカットで撮った歴史的惨劇が「ウトヤ島、7月22日」だ。この作品が上映されていた19年3月15日、ニュージーランドでは豪州出身の極右青年、ブレントン・タラント容疑者(28歳)が、クライストチャーチにある2ヶ所のモスクを襲撃してイスラム主義者たち50人を射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大震災(吉村昭著、文春文庫)

 吉村昭が昭和48年夏に発表した「関東大震災」には、今でも学ぶべきことが多い。作者は「あとがき」に記している。「私の両親は、東京で関東大震災に遭い、幼時から両親の体験談になじんだ。殊に私は、両親の口からもれる人心の混乱に戦慄した。そうした災害時の人間に対する恐怖心が、私に筆をとらせた最大の動機である」  作品の冒頭は、明治天皇の崩御と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「巨星・松本清張」展

神奈川近代文学館で特別展「巨星・松本清張」が開かれている。1992年(平成4年)に83歳で亡くなった松本清張が、北九州市小倉で生まれて41歳で作家となり、時代の寵児として大活躍を続ける姿が作品とともに展示されている。松本清張の足跡は、小倉にある「松本清張記念館」で常時展示されているが、それらの資料の上に神奈川近代文学館に保存されている資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンプルフェイバー

邦題は「ささやかな頼み」。ダーシー・ベルの原作は、出版前から映画化が決まるほど注目を集めたという。ニューヨークまで車で1時間半ほどの町で暮らすシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)は、幼い息子の友達の母親、エミリー(ブレイク・ライブリー)と出会う。ステファニーは、夫と義兄を交通事故で亡くしたが、夫の保険金で息子と暮らしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運び屋

今までにスクリーンで見たクリント・イーストウッドの姿と違い、さらに老いた印象が強い。主人公のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)の年齢が90歳という役柄なので、丁度いいのだろうが、曲がった背中が寂しい。とはいえ、この作品のアールは、陽気な元軍人で、老人なのに女に目がない。晩年は美しい百合栽培で成功して、同業者からも一目置かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第160回芥川賞「ニムロッド」 上田岳弘

とても哀しい物語だが、登場人物たちも「駄目な飛行機」たちも哀しい。その中で、個人的に最も哀しかったのが、主人公・中本哲史の恋人、田久保紀子だ。38歳の主人公と同い年の紀子は、結婚していた頃に哀しい体験をした。30歳で結婚して35歳で妊娠したものの、出生前診断で赤ちゃんに染色体異常が認められたのだ。夫は、出産の判断を紀子に丸投げし、紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンブック

主役のトニー・リップを演じたヴィゴ・モーテンセン渾身の名演だ。“グリーンブック”は、黒人差別が横行していた60年代の米国で使われていた「黒人専用ツアーガイドブック」で、本には“快適なホテル”と書かれているが、実際は貧しい黒人の旅人たちが泊まる安ホテルだ。作品の背景は、1962年。天才ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日のオルガン

映画でもテレビドラマでも、「学童疎開」をテーマにした作品はあったが、これは「保育疎開」をテーマにしている。原作のタイトルも「疎開保育園物語」(久保つぎこ著)となっている。時代背景は昭和19年秋から20年秋。昭和19年夏のサイパン島をめぐる日米の戦いで敗北した日本はサイパン・テニアンの飛行場を奪われて、B29の大編隊による本土爆撃を許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK学園・松山市俳句大会

伊予銀行創業140周年記念とある。平成31年2月24日に愛媛県・松山市民会館で開かれたNHK学園・松山市俳句大会には、6360句が集まった。 *大会大賞  松山の空の一碧冬に入る  東京都・藤岡定子さん 【選評】宇多喜代子「他から松山を訪れた人が挨拶句か、または松山在住の方の立冬の日の感想か、いずれにせよ『空の一碧』がまこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more