思い、思われ、ふり、ふられ(20年公開・DVD)

撮影当時46歳だった三木孝弘監督は、順調な仕事ぶりだ。2010年の「ソラニン」がヒットして以来、「僕等がいた」「陽だまりの彼女」「ホットロード」「アオハライド」「くちびるに歌を」「青空エール」など、若手俳優を配した青春映画を次々と世に送り出してきた。そのキャスティングには苦心の色が濃い。俳優の実年齢が登場人物の年齢よりかなり上回って…
コメント:0

続きを読むread more