野鳥俳壇21年4月(日本野鳥の会・会報「野鳥」掲載)

日本野鳥の会・会報に掲載されている「俳句を詠もう」には、選者の辻桃子さんが選んだ俳句が並んでいる。 * 特選 たわわなるむらさきしきぶ鵯重く     宮城県・工藤一寿さん 【選評・辻桃子】みっしりと実をつけた紫式部の枝に鵯がきた。枝が揺れ、大きくしなったことだろう、そこに鵯の重さが見える。 * 入選 純白な親に追ひ…
コメント:0

続きを読むread more